会社沿革

昭和33年

鹿児島市金生町にて現会長が木工業として創業

昭和36年

鹿児島市易居町へ移転し、手動のシャーリング・曲げ機を購入、
ステンレス製品を手掛ける

昭和38年

鹿児島ケース有限会社として法人化し、鹿児島では1号機となるステンレス溶接機を購入

昭和47年

鹿児島市南栄町へ移転し工場拡大する

昭和60年

前社長(居迫 代作)が精密板金の技術をもって専務就任
NCタレットパンチプレス(PEGA244)導入

平成元年

鹿児島では1号機となるレーザー・パンチ複合機(APERIO-〓)導入

平成 5年

資本金500万円に増資

平成 6年

居迫 大作 代表取締役社長就任

平成11年

鹿児島県日置郡吹上町に移転、規模拡大

平成13年

ISO9001:2000 JIS Q9001:2000 取得

平成14年

CNCパンチ・レーザ複合機(TRUMATIC 6000L)導入
CNCレーザ機(TRUMATIC L3030)導入

平成16年

Fladder(バリ取り機)導入

平成18年

ハンディYAGレーザー溶接機導入
APC21(新生産管理システム)導入

平成18年

12月に資本金1000万円に増資し、株式会社へ変更

平成19年

8月にトルンプベンディング機(TRUMA BEND-V1300)を導入

平成20年

4月に第一、二製造棟増築

平成21年

1月30日にディスクレーザロボット溶接機(TruDisk4002)導入
マーキング用レーザ(TruMark3020)導入
6月 TruMatic 7000(Sheet Master -材料棚付き)導入

平成27年

居迫 伸孝 代表取締役社長就任

平成28年

5月 サーボプレスブレーキ 導入(TruBend7036)

平成29年

10月 ファイバーレーザ切断機 導入(TruLaser3030fiber)

鹿児島ケース採用情報

代表インタビュー



鹿児島ケース株式会社
〒899-3309 鹿児島県日置市吹上町与倉4954-19
藤元工業団地内
TEL:099(245)1960(代表)
FAX:099(245)1961

営業カレンダー

Facebookページ